英会話 そうだ!京都へ行こう!

PR

英会話の支持者を応援するサイト♪

大阪のカフェ英会話レッスン講師 KOGACHIです(^-^)

ついに書籍にもなった!!

「 」シリーズ第524回目

レッスンでもよく出てくる表現ですが、

~するのに時間がかかる

とかって英語でどう言うんでしょうか?

It takes time to V

という構文で表します♪

Vは[動詞の原形]が来るという意味です。

では、例文を見ていきましょう♪

It takes time to learn English.
「英語の学習には時間がかかります」

It takes time to build a good relationship with clients.

「顧客と良い関係を築くには時間がかかる」

It will take time to accept the reality.

「現実を受け入れるのには時間がかかるだろう」

It took a long time to get used to the new environment.

「新しい環境に慣れるのには長く時間がかかった」

*get used to「慣れる」

また、timeの代わりに具体的な時間の単位を入れることもできます。

It takes 5 hours to get there.

「そこに着くのには5時間かかる」

It took 8 months to write the book.

「本を書くのに8か月かかった」

It took 6 months to lose 5 kilograms.

「5キロやせるのに6か月かかった」

It takes at least 2 years to get the license.

「その資格をとるには少なくとも2年はかかる」

また、関連表現として「 」ものぞいて見て下さい♪

以上です♪

『 』
『 』

レッスンお問い合わせ先: 

レッスンに興味ある方は気軽にお問い合わせ下さい♪



あなたの部屋に英会話お届けします!

大阪のカフェ英会話レッスン講師 KOGACHIです(^-^)

 

ついに書籍にもなった!!

「 」シリーズ第888回

(写真: 難波ジュンク堂書店)

先日のレッスンで出てきた表現ですが、

舌打ちする

って英語ではどう言うんでしょうか?

イライラした時にやる“チェッ”と舌を鳴らすことですが、英語では、

 

tsk

という単語を使います(^^)

これは「ティスク」と読むのですが、

基本的に書くときに使う表記で、話し言葉で特に文の中で使われることはないようです。

では、会話の中で「舌打ちする」という内容を言いたいときはどうするのか、

アメリカ人ネイティブスピーカーに聞いたところ、

具体的な単語を使わずに、実際に「チェッ」という擬音語を使って表現するようです。

例えば、

「その男は何度も舌打ちしていた」なら

The man was doing “tsk” a lot.

と言います。

便宜上tskと表記しましたが、

話すときは、舌で実際に「チェッ」と鳴らしてください

つまり、上の文は

「ザ マン ワズ ドゥ―イング “チェ” ア ロット」

と読みます。

つまり、「舌打ちする」は

 

do “tsk”

「ドゥ― “チェッ”」

と英語では表現し、

これはそのままニュアンス通りに日本語に訳すと

「チェっとする」という感じになるのですね(^^♪

では、追加でもう少し例文を見ていきましょう♪
(今回はややこしいので、誤解のないよう全文の発音を表記します)


Doing “tsk” is a bad habit.

「舌打ちするのは悪い癖だ」

発音:ドゥ―イング “チェ” イズ ア バッド ハビット

 

Jane always does “tsk” when she is irritated. 

「ジェーンはイライラするといつも舌打ちする」

発音:ジェーン オールウェイズ ダズ “チェ” ウェン シー イズ イリテイティッド

irritated「イライラする」  

*ちなみに、「舌打ちする」で英語で調べると

click one’s tongue

という表現も出てくるのですが、

これは「イラついて“チェッ”と鳴らす」舌打ちではなく

舌を素早く動かして“ポン”と弾くような音を出す方の舌打ちのことです。

「チェッと舌を鳴らす」ことは

do “tsk”

ドゥ― “チェ”

と言うんですね(^^)


以上です♪

『 』
『 』

レッスンお問い合わせ先: 

By人気英語ブロガーKOGACHI in大阪

PR

コメントは受け付けていません。