英会話おいしさ新鮮

PR

進歩のマーク英会話

子育て中の親にとって
子どもたちから学ぶことは多いです
逆に
子どもたちにとって
親の言動から学ぶことはもっと多いです
こんにちは
”SEIKO フジオカ“  こと 藤岡弘美です(*^^*)
セミナー講師の甲子園
セミナーコンテストのサポーターを
一旦お休みして
再チャレンジを決意しました
ところが今になって
新たな障害にぶつかっております
それは…
夫の同意を得られていないことです(>_<)!
↑↑↑↑↑↑♪
(子ども達と渓流釣りに出掛けた時の夫)
今回再チャレンジをすることを
夫へ告げると
『登壇するのはやめてくれ…!』
と、言われてしまいました…
・・・・・・・・・♪・・・・・・
”やめる“という
選択肢のないわたしは
なぜ、反対するのか?
反対されてまでやる必要はあるのか?
と、考えることではなく
この状況から何を学ぶか…!
それこそが重要な課題なんです
そこで、このことは
子育て中の親にとっても
課題の一つであることだと
気づいたので
あなたも一緒に考えてみて欲しいのです
前回の記事はこちら
↓↓↓↓↓↓↓?
・・・・・・・・・・♪・・・・・・
子どもがやりたいと言ったことを
大変そうだから…苦労するから…
やめなさい!  
と、言っていませんか?
可愛い我が子が苦労するのを
みたくないから    つい、
安全な方へ導きがちになってしまいますよね
しかも上から目線、強制的に
『右向け右っ!』
と、していたとしたら
それはもはや導きではなく命令ですよね
それで子ども達の自立心って育ちますかね?
最近
“指示待ち人間”というフレーズが
ありますが
こうした親の言動が
影響していると思いませんか?
いつも周りの顔色を伺い
許可を得ないと前へ進めない
自分の意思を貫き通せない
そんな大人が増える原因の一つ
かもしれないですね
実はわたしもそんな
大人のひとりでした…
・・・・・・♪・・・・・・・
そして
今回、こうした局面に合い
改めて気づいたのです
『夫がやめなさいというからやめます』
『親が反対するからやめます』
問題をおこしたくなくて
『はい』と言ってしまう…
本当にそれでいいなら何もいいません
ただ もしかしたら
自分の中に迷いや不安があって
誰かに止めて欲しいから
言わせていた! としたら…
それを理由に断れば
自分のせいでなく他人のせいに出来ます
そこには
なんの成長はなく
いつもの日常があるだけ…
そして
自分が成長出来ない理由を
人のせいにする人生になってしまいます
わたしが22歳の頃
英会話力を上げて仕事に生かしたい!
と、海外留学を考えました
けれど、
両親はそれはそれは心配し反対しました
そんなに心配をかけて留学して
意味があるのか…親不孝ではないか…
と、考え断念したんですね
その後
『あの時、親の反対を押し切っていれば…』
という状況に遭遇するたびに
親のせいにする自分がいたんです…。
・・・・・・・・・・・・・・・
親のエゴを押し通すことは控え
子どもたちには
やりたいことを自ら選択して
トライ&エラーを繰り返し
そして学びある
人生を歩んで欲しいですね
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして大人になった今のわたしは
『夫が反対したから…』
『子育てで忙しいから』
『金銭的余裕 時間的余裕がないから』
これらを理由に
やめる自分ではいたくありません!
誰かを輝かせたい!
社会を輝かせたいたい!


内から溢れ出すやりたいという想い
これが本当の“精神的自立”だとしたら
この状況を学びに変える!!
【現状維持は衰退
変化を選択しなければ成長はない】
                 By    ウォルト ディズニー
さあ!
どうする?!   

英会話のことなら、このサイトにおまかせ

大阪のカフェ英会話レッスン講師 KOGACHIです(^-^)

 

ついに書籍にもなった!!

「 」シリーズ第861回

(写真: 難波ジュンク堂書店)

先日のレッスンで出てきた表現ですが、

メッセージが既読になる

って英語ではどう言うんでしょうか?

LINEの既読機能が話題になることは多いと思うので、知っておきたい表現ですが、

「メッセージが既読になっている」は、

The message is marked as read.

と言います(^^)

軽く文法解説しますと、

元々の形は

mark the message as read

「メッセージを読まれたものとして表示する」

ですが、

the messageを主語にしているので、

【be動詞+過去分詞】で受け身の形をとっています。

つまり、「読まれたものとして表示されている」と表現しているわけですね。

ちなみに、readは過去分詞なので、「レッド」と発音します。

では、文での使われ方を見ていきましょう♪

 

My message is marked as read, but he hasn’t replied to me.

「メッセージは既読になってるのに、彼から返信ないのよ」


In LINE, messages you’ve read are marked as read. I hate that function.

「ラインでは、メッセージを読んだら既読表示が出るけど、その機能が嫌いだ」

 

If I open it, it’ll be marked as read. So, I won’t open it until I get enough time to reply. 

「開いたら既読になっちゃうから、返信する時間できるまでは開かないの」

 

My messages don’t become marked as read. I wonder if she has blocked me.

「オレのメッセージが既読にならないんだ。彼女にブロックされてるのかな」

*「既読になっている」ではなく「既読になる」と言いたければ、be動詞をbecomeに変えます。

I know how to read a message without marking it as read.

「既読の表示を出さずにメッセージ読む方法知ってるよ」

without Ving「Vせずに、することなしに」

*markingの主語はmessageではなく I 「私」なので、受け身ではなく能動態の形をとっています。

以上です♪

『 』
『 』

レッスンお問い合わせ先: 

By人気英語ブロガーKOGACHI in大阪

PR

コメントは受け付けていません。