素人には分からない良い英会話の違い

PR

モンスターペアレントからの視点で読み解く英会話

この記事をトップページにしてます

最新記事はこちらから→

「天才児に育てるには?頭のいい子に育てるIQアップの方法
幼児教育日々の記録 手作り知育玩具150」

生活の中で遊びながら 頭の良い子に育てるには? IQアップや天才児の育て方等 調べた事や日々やってる事の記録をリストアップしました
目次の構成は↓この順で書いています
①天才児の育て方 頭の良い子に育てるには?IQアップ方法他
②0歳~3歳 手作りした知育玩具など
③英語 運動 算数 社会 理科 音楽 体験 子供の心
私が願う天才とは。。

○歳でコンクール優勝とか、勉強をさせて有名大学合格とか 
そういうテレビでよく言われている天才ではなく
↑こちらの記事でも書きましたが

天才にするには
知識の習得とIQの向上
IQを高くさせて 「自ら考え創り出していける力」を持ち
いつか 大人になった時
本人がやりたい職業につき いろんなアイデアや発想がどんどん出てきて

結果 世の為人の為に役だって 「ありがとう」と人に喜ばれる事

が嬉しいと知ったり
 

好きな仕事で輝けていける 毎日の生活が幸せであって欲しいと願います
幼児教育何をすればいいか? 天才児教育 天才脳や頭の良い子にする方法など

いろいろ調べて記事更新していきます

(リストアップ作成中です こんな感じで作っていきたいと思ってるので
 少しずつ記事を完成させていきます)

( ①IQアップ方法 天才児教育 全般 )
↑おすすめ 2歳~6歳まであります
楽天市場
3歳から記録しています

・幼児期IQアップするのは とにかく指先を使う遊び
 
 
 

・脳に良い運動

 

②「赤ちゃん0歳~3歳 手作り知育玩具やおすすめ知育玩具のページ」

↓IQアップには物作り! 子供の前で物作りを♪手作り知育玩具等

 →
( IQアップに
手作りのお菓子作りを一緒にすると良い )


( 英語話せないママの てさぐり英語育児 )
とにかく幼児期は 沢山ネイティブを聞く
↑英語は使わないと忘れる。。海外留学生の話
英語環境にするには!家庭でも英語を!
・英語の絵本 多読
・英語に使うお金 英語の習い事か海外旅行
・英単語リスト
・英会話表現リスト
( 天才児に育てる IQアップには 運動がとても重要!! )
・身体の柔らかさが重要
・うんてい
・水泳
( 算数 )
IQと重複

・幼児期にどれだけ 積み木や立法体で遊んだか?→IQアップ方法の記事へ
・お菓子を使って 数の計算 分数

・旅行の高速道路で 目的地までを時速90キロなら何時に到着?
・お菓子作りで 物の大体の重さ 食育
・時計と密着した生活
・利息 金利 世の中のお金の流れ
・生きて行く為のお金の大切さ
( 国語 )
IQと重複
・とにかく 読み書き計算が大事
・IQアップ 多読 本をたくさん読む それについて思った事話す
・物語を書かせる→応募する (想像し組み立てる能力)
・サラリーマン川柳→応募する
・分からない事柄が出たらすぐ調べる(東大合格のテレビでやってた)
・絶対辞書が必要
( 社会 )

・歴史年表作り→地図も絡めて作る
・旅行は 歴史も調べながら
・旅行は 行き先も地図を調べて計画する
・テレビの横に地図帳 地図は壁に貼る
・太陽と方位は常に生活に密着
( 理科系 科学系)
・実験の本→どんどんつき合う。すぐやる
・工作教室やロボット教室
・なんでも手作りする→ロケット飛ばしたくなるかも
・いろんななぜ?を大事にする
・色はたくさん触れさせる 色の3原色 車
・自然と触れ合う 虫や花
( 音楽 )

・縄跳び リズム感
・幼児期からダンス リズム感
・音楽 楽器 ピアノ ギター
・自由にいろんな事 いろんな体験をさせる
・美術館 
・博物館 科学館 
・動物園
・キャンプ
・釣り

( 子供の心 )

・親は絶対的な存在でいる
・子供の目標設定を高くさせる
・褒めすぎるくらい褒めまくる
・人より出来るから褒めるのではなく 以前の自分より成長したから褒める
・お小遣いの上げ方 報酬方は駄目

頭の良い子・天才児にそだてるには?
幼児教育やIQアップの方法など 
調べた事を順次更新していきたいと思います


☆応援ポチしていただけると嬉しいです☆

↓↓↓

英会話のカードも利用できる通販ショップ、売り切れたらもう終わり、再入荷はほぼありませんのでご注意を

大阪のカフェ英会話レッスン講師 KOGACHIです(^-^)

 

ついに書籍にもなった!!

「 」シリーズ第852回

(写真: 難波ジュンク堂書店)

先日のレッスンで出てきた表現ですが、

…に誘う

って英語ではどう言うんでしょうか?

いくつか言い方はありますが、一番幅広く使えるのは

 

invite

でしょう(^^)

inviteを「招待する」と覚えていて、使う場面がかなり限定されるように思っている人が多いかと思いますが、

実はinviteは「誘う」全般でかなり幅広く使えます

では、以下で例文を見ていきましょう♪

 

He invited me to a movie.

「彼が映画に誘ってくれたの」


I want to invite her to dinner.

「彼女を夕食に誘いたいな」

 

Let’s invite him to the party. 

「彼パーティーに誘おうよ」

 

I invited my friend to the driving school.

「友達を自動車学校に誘った」

以上は、toの後に単独の名詞が続くパターンでしたが、

動作的な内容を言いたい場合には、to以下で動詞を持ってくることもできます(^^)

I will invite Ken to join our team.

「僕らのチームに入るようケンを誘うつもりだ」

She invited me to study with her at a library.

「図書館で一緒に勉強しようと彼女に誘われた」


I want to invite someone to travel with me because I don’t want to go alone. 

「一人では旅行に行きたくないので、誰か誘いたいです」

以上です♪

『 』
『 』

レッスンお問い合わせ先: 

By人気英語ブロガーKOGACHI in大阪

PR

コメントは受け付けていません。