英会話 前略、手塚先生。21世紀に間に合いました。

PR

英会話 悪魔が恐れる男がいた。

先週から夫の兄が豪州から来ている。
義兄は7歳の息子を連れて来ているのであるが、豪州の港町の強烈なオーストラリア英語訛りが、私には理解に苦しい時が多々ある。
私も17年前にオーストラリアに住んではいたが、オーストラリアと言えど広し。
地域によって訛りの違いがあるのは当然であるが、しかしこの嫁と嫁の家族が話すオーストラリア英語が時に英語に聞こえぬ時があり、夫に通訳を頼まねばならない。

そんな義兄から聞いたのであるが、毎夜、義兄は息子に本を読んでいた時期が1年ほどあったらしい。
しかしある時、息子がいくつかの単語をイギリス発音で発した事がオーストラリア人の嫁の癇に障った。
「そんな発音は辞めて頂戴!あんたはオーストラリア人であって、イギリス人じゃないのよ。イギリス人のような発音は二度としないで頂戴!!」と言い、以来、本読みは無くなった。
だから義母が前に豪州に行ったときに驚いていたのであるが、(当時)4歳児の子供なのに本が3冊しか無いと言う事であったが、嫁はオーストラリア発音に拘っている。

私が子供達に日本語で話しかけ、それに応えるうちの子供達を見て義兄は「当然だよね。だってこの子達の親は2か国に別れているわけだから、2か国語を話せるようになって当然だよね」と何か自分に訴えるようにつぶやいた。

私は「そうよ。だから義兄さんの息子だって、別にイギリス発音して当たり前であって、それが困る事でもないし、将来どこの国で働くかも分からないわけで、どこの国の人と結婚するかも分からない。今のようなかなり強いオーストラリア英語で問題ないけれど、もしも今後世界に羽ばたいていく可能性があるのなら、イギリス発音であって損はない」と言った。

現に私が過去に働いていた大手の英会話学校では、都心部にある学校にはアメリカ人、イギリス人、カナダ人しか採用せず、田舎の過疎地にオセアニア圏出身の教員を配置していた。
それは発音がどうこうだからではない。
都心部には外資系企業が密集しているため、そこで働く会社人の生徒が非常に多かった。
外資系の企業のほとんどがアメリカ系かイギリス系であり、取引先がそのどちらかである会社が圧倒的多数を占めていたため、通う生徒さんがこの3か国出身の先生を指名して来る為、他の国、それが例えスコットランド出身であっても「嫌です」と言われるのが理由である。
これはあくまで、私が以前に勤めていた大手英会話学校の方針であるが、そんな事もあるから、「損はない」と思うのである。

義母は我が孫の話す強いオーストラリア英語を怪訝な顔で見る。
「何度聞いても耳慣れない」と言うが、私にとっては「英語」の幅が国によって広がりがあり過ぎるだけなのだと思っている。
うちの娘は何の問題も無く理解しているようであるが、しかし先日、アメリカ人の料理番組を見ている時に娘が「この人、英語話しているの?」と私に聞いて来た。
私には理解しやすいと思っていたため、意外にも娘には理解しずらいのだと妙に考えてしまった。

同じ英語圏であるが故の譲れない英語の誇りとでも言おうか・・義母は「英語はそもそもイギリスから発祥」と言うし、しかし豪州の嫁には嫁のコダワリがあるし・・
私など娘に大阪弁で話しているため、将来ちょっと可愛そうやなと思っている今日この頃。

2時間で覚える英会話絶対攻略マニュアル

「米軍はエリア51で異星人と協力し、UFOを開発している」

 

おはようございます。

「いきなり何を?」とお思いかもしれませんが、これはある英会話参考書の一例文。
それらしいイラストと共に英文が添えられています。
 
The U.S. Military is developing UFOs at Area 51, in cooperation with the aliens.
 
いま話題の書『ムー公式 実践・超日常英会話』は、月刊オカルト誌「ムー」編集部監修による超常現象を通して日常英会話を学べるという挑戦的な一冊。
発行前から増刷というハリーポッターや村上春樹ばりの異例のヒットとなっています。
 

高一の次男にいいかもと思いながら買い求めて、ページをめくってみると、、、

友人が異星人に誘拐されたので、警察と軍隊を呼んでください」
私の前世は土星人、妻は金星人だ」
といった記憶に残る例文のオンパレード。
 
まえがきには、こうあります。
「たとえば海外旅行に行ったときに、もしも――もしも、あくまでもしも、だが――旅先で日常を超えたミステリアスな事件に巻き込まれてしまったら、この本の知識がピンチに陥ったあなたを救うかもしれない」
 
「いや、そんなことないって」とツッコミを入れるのは簡単ですが、ここで考えてほしいことがあります。
「これ、自分の商売に置き換えたらどうだろ?」と。
 
誰しも自分の得意なこと、好きなことをしているときがいちばん笑顔だし、輝いています。
それが仕事なら最高ですが、「仕事は仕事、あそびはあそび」と考えてしまいがちです。
 
そこを一歩踏み出して、あそびを仕事、仕事をあそびににしてはいかがでしょうか。
あそびとは心のゆとりであり、創造のみなもと。
きっと、もっとお客さんに好かれ、クリエイティブな仕事ができるはずです。
 
 
昨日は、そんなことを教えてくれた人との楽しいひとときがありました。
1997年、ネット通販草創期にTシャツ専門ネット通販を立ち上げた岸本栄治さんです。
多くのネット通販挑戦者たちのあこがれとして繁昌しますが、2008年のリーマンショック後に経営は厳しい局面を迎えました。
もう止めようかと思うまで追い込まれましたが、彼は自分が納得できる一枚をつくることにかけました。
なぜなら、Tシャツが好きだから、自分が仕上げた一枚に袖を通す客さんからの喜びの声を聞くのが楽しいから。
今では自社オリジナル商品が多くのTシャツ愛好者から愛されています。
 

『論語』に孔子は、こう遺しています。

これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」
そう、好きを楽しみましょう。
昨晩、笑いながら飽きることなく『ムー公式 実践・超日常英会話』のページをめくる次男を見ながら思ったのは、おおむねそんなことでした。
 

PR

コメントは受け付けていません。